ビデオにキャプションをつける:ROIを高める未開拓の手法

ビデオにキャプションをつける:ROIを高める未開拓の手法

人工知能(AI)と機械学習(ML)がトレンドになっている。過去10年間、その使用と人気は主にエンターテインメント業界が独占していたが、今や両技術ははるかに大きな影響力を持ち、ヘルスケアや、もちろん教育など、他の分野の改善にも大きく貢献している。

AIとMLは、多くの企業がデジタルコンテンツを作成し、私たちがそれを消費する方法を変革することが示されており、それは教育コンテンツにも関連している。あなたが教師であろうと、eラーニング・プラットフォームのオーナーであろうと、単なる学習者であろうと、教育コンテンツ領域に関わるすべての人が、これらのテクノロジーから恩恵を受けることができる。 

人工知能が今や多くの分野で新たな常識となっている事実を考慮すれば、様々なクリエイター、ビジネスオーナー、リスナーが、ビジネスの成長と学習体験の向上の両方のために、技術そのもの、あるいは少なくともAIを搭載したソフトウェアを導入しようとするのは驚くべきことではない。 

例えば、教育現場でAIを活用することで、よりパーソナライズされた体験、顧客の信頼を得る能力、利便性の向上、生徒のエンゲージメントの向上が期待できる。実際、学業成績の向上にもつながることが示されている。 

人々の学習方法を変え、その価値で教育を教えることで、AI技術は世界的な利用と人気を得ることが可能になった。しかし、教育コンテンツのeラーニング領域に関わるすべての人にとって、AI技術にはさらに多くの利点と考慮すべき理由がある。私たちは、2023年以降にこの領域で使用されるAIテクノロジーに飛び込む手助けをするために、このガイドを作成しました。

人工知能とは何か?

平たく言えば、人工知能(AI)とは、アルゴリズムを使って人間の認知機能をシミュレートし、これまで人間が行っていたタスクを実行する技術である。これらのタスクには、知覚、学習、推論、問題解決、理解、自然言語の処理などが含まれる。 

教育コンテンツ分野におけるAIについて語るとき、AIは幅広いタスクをこなすことができ、最適なレッスンの計画や管理業務の自動化などは最もポピュラーなものだ。AIソフトウェアは訓練されたデータに基づいて動作する。 

機械学習とは、機械が膨大な量のデータから学習し、その結果、長期にわたって予測や推奨を行うことを可能にするAIの分野を指す。ディープラーニングもまた、AIの分野では重要な用語である。 

これは機械学習のサブセットで、人間の脳の学習プロセスを模倣するために人工ニューラルネットワーク(アルゴリズムと計算ユニット)に働きかけるものだ。ディープラーニングはすでに様々な状況でテストされ、画像認識や自然言語処理(NLP)などのアプリケーションでその有効性が証明されている。NLPとは、機械が人間の言語を処理し、解釈し、理解することを可能にする技術である。

教育コンテンツ制作におけるAIの5つのメリット

1.パーソナライゼーション 

パーソナライズされた学習は、今やeラーニングや成功する学習体験に不可欠な要素となっている。企業は、教育コンテンツがAIで可能な限りパーソナライズされたものであることを保証すべきである。 

それは、AIが学習者のデータと教育コンテンツ内での行動を分析し、学習者の知識の弱点や進捗状況に基づいて、関連するコンテンツやモジュールを見つけた学習者に、今後のコースを提案することができるからだ。 

AIベースのバーチャル家庭教師は、教育コンテンツのパーソナライゼーションにも最適なアイデアだ。例えば、AIを搭載した家庭教師は、ほぼ即座にフィードバックを提供し、教育プログラムを通して学習者をサポートすることができる。 

このような家庭教師は、知識のギャップを特定し、それに応じて学習計画を個別に立てることで、生徒の学習意欲と定着率を高め、学業成績の向上を支援することができる。

2.AIによる高いアクセシビリティ

eラーニングの人気が高まるにつれ、あらゆるレベルの 顧客がコース教材にアクセスし、容易に受講できるようにするこ とが極めて重要になっている。これが、今日の企業が価値を提供する唯一の方法である。AIは、特別なニーズを持つ顧客のために、含まれるべきすべての要素を考慮し、パーソナライズされた学習ソフトウェアを提供するので、アクセシビリティを強化するための完璧なツールです。

AIツールは自動的にキャプションと説明を生成し、学習者に包括的な体験を提供することができる。一方、チャットボットは、人間の介入の必要性または少なくともレベルを減らすために、即時の支援とサポートを与えることによって、そのプロセスを支援することができる。 

3.AIによる採点と評価

AIを搭載したソフトウェアやシステムは、自動採点や評価を通じて教師と学習者の双方に高度に的を絞ったフィードバックを提供することで、パーソナライゼーションをさらに高めることができる。 

自動採点は、時間を節約し、正確な結果を提供し、価値を付加することができるため、手動採点に必要なリソースを取り除くことができる。実際、AIは剽窃(AIスコアを含む)も検出できるため、アカデミック・インテグリティの維持にも役立つ。 

AIアルゴリズムを搭載したリアルアナリティクス・ソフトウェアがいくつかあり、生徒の成績や進捗状況を把握することができる。

4.AI使用の発見と防止

OpenAIの導入以来、多くの学生が小論文やその他のさまざまなプロジェクトにこのツールを使い始めている。洞察、ブレインストーミング、データのためにAIを利用することは、一部の学生にとっては良い選択肢かもしれないが、学生もAIにのみ頼ってタスクをこなし、実際には時間を投資しないこともある。

AIソフトウェアは教育コンテンツの執筆を支援することができるため、教師はそれが人間の文章かどうかを識別するのが難しいと感じるかもしれません。そのため、教育機関では現在、AIの検出や盗用のためにAIソフトウェアを広く使用しています。AIは、テキストのパターンを分析することで、盗作やAIコンテンツを検出することができます。

5.より迅速で容易なローカリゼーション

AIは、教育コンテンツを作成する人にとっても有益である。学習者にとってのメリットは膨大であり、実践的に証明されているが、教育コンテンツ分野(その他多くの分野)においても、優れたコンテンツマーケティングツールである。ローカライゼーションは、さまざまな種類のオンラインコースや、より多くの種類の教育コンテンツが日々利用可能になっている世界では不可欠であり、AIはその解決策として最適です。

先に述べたように、字幕やキャプションを生成するだけでなく、動画教育コンテンツを他の言語に翻訳し、ビジネス価値を高めることができるAI搭載の動画エディターがある。実際、Rask AIのように、可能な限り本物の体験を提供するためにナレーションを生成することもできるツールもあり、EdTechやeラーニング企業は自社製品をグローバルに展開することができる。

AIを使って教育コンテンツを作成する3つのヒント

コースのフレームワークとストーリーボードの合理化

クリエイターもeラーニング企業も、人工知能(AI)が提供する膨大な機会を活用することで、eラーニングコースの開発プロセスを大幅に加速することができます。価値ある教育コンテンツを強化するためのAIの最も効果的なアプリケーションの1つは、コース構造やアウトラインの作成を容易にする能力です。

従来の教育では、教師もEdTechビジネスも、コースのフレームワークを手作業で開発するために膨大な時間と労力を割かなければならなかった。しかし、AIは、テーマ、対象者、学習目的など、必要なすべての詳細を提供することができるため、組織はこのAIのユースケースに取り組むことが可能になる。 

データに裏打ちされたAIソフトウェアは、包括的でよく整理されたコースフレームワークを生成することができます。さらに、AIはストーリーボード作成にも利用することができ、コース概要やフレームワークが確立されると、AIは各セクションの具体的なアイデアやコンテンツを生成することができます。

例えば、プロンプトの専門家は、特定の科目や教材を教えるのに、どのようなコンテンツが最も効果的かをAIに検出させることができる。また、AIに練習問題の例や、教育プロセスを改善するためのヒントを提供するよう依頼することもできる。

既存コンテンツの改善

教育コンテンツにAIを活用する効果的な方法の1つは、教育コンテンツを常に作成することだけに集中するのではなく、既存のコースを強化するためにAIを活用することである。AIは、感情、グラフィック、その他のビジュアルの要素を追加し、パーソナライゼーションを高めることができるため、密度の濃い技術的なテキストに最適です。

インストラクショナル・デザイナーやeラーニング開発者は、特定の分野や題材に関連したコンテンツが、時として退屈で単調なものと感じられることがあることをすでに知っているはずである。 

たとえコースの大部分が魅力的であったとしても、そのような複雑なコンテンツ(まったく複雑なコースについて言っているわけではありません)のほんの一部でも、顧客の関与、満足度、定着率に悪影響を与える可能性があります。だからこそ、そのようなコンテンツ(それがビデオであれテキストであれ)にAIを使うことで、コースに命を吹き込み、ターゲットとするオーディエンスの心に響くものにすることができるのです。

例えば、コンテンツにもっと感情を吹き込んだり、声のトーンを変えたり(よりフォーマルなトーンやよりフレンドリーなトーンなど)、読みやすくしたり、理解しやすくしたりするようAIに依頼することができる。

多様なコンテンツフォーマットの生成

AIは、EdTechプロバイダーやeラーニング・プロバイダーにとって、広大なチャンスを広げる。まず、長いビデオや準備のできたコースがあるとしよう。その場合、Rask AIのようなAIを搭載した編集プラットフォームを使って、テキストを再利用して動画を作成したり、その逆も可能です。

現代の顧客は、特に教育コンテンツについて語るとき、さまざまな形式のコンテンツを好む。動画が好きな人もいれば、テキストを読みたい人もいますし、通学や通勤中にポッドキャストを聞いて楽しむ人もいます。そのため、インストラクショナル・デザイナーは、多くの時間とリソースを投資して、多様なフォーマットで教育コンテンツを提供し、コースがすべてのニーズに対応できるようにすることが多いのです。

AIを使えば、教育プロセスを合理化・簡素化できるため、プロバイダーはこうした形態の教育コンテンツの作成に時間を費やす必要がない。

このように、AIは以下のようなタイプの教育コンテンツの作成を支援することができる

  • チュートリアル:AIは、すでに書かれているコンテンツを再利用して、必要なテーマについてステップバイステップのチュートリアルを作成することができます。これは、文章コンテンツやビデオコンテンツと一緒に提供される場合に特に効果的で、学習者をコース全体を通して段階的に導きます。
  • クイズ:AIは、アクティブ・リコールと呼ばれる学習法に有効なクイズの作成にも役立つ。
  • ビデオからテキストへの変換:ビデオ教育コンテンツがある場合、Rask AIのようなプラットフォームを使ってビデオをテキストに変換したり、逆にテキストからビデオに変換することで、学習者がそれぞれ好みのタイプの教育コンテンツを得られるようにすることができます。
  • ハウツーガイド:顧客が特定の教育目標を達成するために必要なステップを示すガイドである。ハウツーガイドは小規模なコースに適していますが、コンテンツの多様性という点では優れています。

AIコンテンツツールとは?

AIコンテンツ・ソフトウェアとは、人工知能や、時には機械学習を使って、教育の様々な側面をサポートし、強化する技術である。主に、手作業で時間のかかる作業を自動化・改善するために使用され、教師はより価値のあることに集中し、読者は学習目標を達成することができます。

ツールによっては、教育コンテンツ分野で必要とされるパーソナライゼーションを作成したり、フィードバックを提供・収集したり、教師の時間をより効率的に管理したりすることができる。

AIコンテンツ・ソフトウェアには、学習管理システム、コンテンツ作成ツール、コンテンツ編集ツール、翻訳・ローカライゼーション・ツール、アダプティブ・ラーニング・プラットフォーム、バーチャル家庭教師などが含まれる。まとめると、AIコンテンツ・ソフトウェアによって、教師は従来の教育を合理化・最適化し、教材に命を吹き込み、手作業を減らすことができる。

教育現場におけるAIコンテンツソフト導入の課題

技術へのアクセス不足

AIが誰でも利用できるようになったとはいえ、その普及には依然としてアクセス不足が大きな課題となっている。その理由は、特に発展途上国や低所得地域における教育コンテンツ機関の技術インフラが不十分であることだ。

高速インターネット、コンピューター(あるいはガジェット全般)、最悪の場合は電気といった重要なリソースが不足している学校はまだある。教育へのAIのスムーズな統合を組織するためには、これらの必要不可欠なツールが整っていなければならない。

教育コンテンツ団体は、さまざまな地域の学校に適切な技術サポートを提供することを優先すべきである。これは多くの場合、資金と多くのリソースを必要とすることを意味し、政府が配慮すべきことである。 

つまり、AIが教育コンテンツシステムや教室の中でどこまで活用できるかにかかわらず、テクノロジーへのアクセス不足の問題に対処しなければ、その力を最大限に活用することはできないのだ。

プライバシーに関する懸念

AIは規制のない市場という点で、次のブロックチェーンになりそうだ。このクラスにおける技術の急速な成長を考慮すると、プライバシーに関する懸念は依然として大きな問題である。その理由は以下の通りだ:

  • データ収集:AIコンテンツ・ソフトウェアは多くの情報を収集する傾向がある。このソフトウェアは多くの場合、顧客やその学習スタイル、進捗状況、嗜好に関する大量のデータを収集する。このデータは学習体験を改善し、パーソナライズを追加するために使用されるが、それでも盗まれる可能性のあるかなり機密性の高い情報である。
  • データのセキュリティ:AIソフトウェアは生徒のデータを収集するため、教育機関はデータのセキュリティを確保する必要がある。すべての組織が十分なセキュリティ・プロトコルを確立できるだけのリソースを持っているわけではない。
  • データの所有権:AIが収集したデータの所有者が誰であるかは、必ずしも明確ではない。そのため、学校、生徒、業者、生徒の家族の間で紛争が起こる可能性がある。
  • データの悪用の可能性:収集したデータがベンダーやその他の第三者によって悪用されるリスクがある。このデータは、コンテンツ・マーケティング目的で販売されたり、データ所有者の同意なしに使用されたりする可能性がある。

教師のトレーニングとサポート

AIを教育コンテンツ・システムに導入しようとする際に教育機関が直面する可能性のあるもう一つの課題は、教員研修と立ち上げ後のサポートの必要性である。このようなことが考えられる:

  • ほとんどの教師は、AIソフトを使った経験がなく、また指導のプロセスに取り入れるのに十分な安心感もないため、スピードアップのためのトレーニングが必要になる。
  • 教師は、AIソフトウェアを効果的かつ安全に使用する方法について指導を受ける必要がある。
  • AIコンテンツツールの使用中に問題が発生した場合、発売後のサポートが必要になる場合がある。

価値ある教育コンテンツを作るための3つのヒント

1.コンテンツに関連性を持たせる

ここで、教育的な内容がどう関係ないのかと思われるかもしれない。しかし、議論に値するほど重要なことなのだ。

多くのeラーニング・プラットフォームは、自分たちが開発するコンテンツは、常に視聴者が消費したいと思うコンテンツであると考えている。たとえ、教師の専門知識が常にその質問において重要であるとしても、聴衆を知ること、そして聴衆がいったい何を求めているのかを知ることも不可欠である。

コースのキャッチーなタイトルやイントロダクションを開発することはできますが、あなたのコンテンツは、オーディエンスが現在必要としているものと共鳴しているでしょうか?ここでは、彼らの痛みや背景、彼らが必要としている答え、そして最も重要なことは、彼らが必要としているものをどのように提供できるかを考える必要があります。

2.予期せぬことで観客をもてなす

すでに確立された大きなコンテンツ制作業界に付け加えるものは何もないと思うかもしれないが、実際には、物事にアプローチする別の角度は常にある。 

世代は変化しており、Z世代の学生はまったく新しい世界であることを念頭に置いてください。そのため、彼らは従来の形のコンテンツや詰め込みのような勉強法には熱心ではない。 

オンラインで、利用可能なすべてのフォーマットで教育を受けることはもちろんですが、彼らは、本当に役に立つと感じられる、より魅力的なコンテンツを求めています。研究によると、これらの学生は読書よりも実践的な演習を好む。

3.ユーザーフレンドリーなフォーマット 

生徒のなかには、あなたのコンテンツを最初から最後まで読破する者もいます。また、まったく好まない生徒もいます。そのため、すべての人のために1つの製品を作ることになります。コースのプレビューを提供すれば、ほとんどの学生はあなたのコンテンツが彼らが求めているものと共鳴しているかどうかを見つけるために、コンテンツを素早くスキャンします。 

そして、彼らが市場調査中に1日にスキャンできるコースの量を想像してみてください(分単位の話でもありません)。市場には数多くのEdTechやeラーニングのプロバイダーがひしめいているため、1位の座をキープしたり、学生の注目を集めたりすることは難しくなっている。 

キーワードリサーチによるウェブサイトの最適化やソーシャルメディアへの投稿の管理は、検索エンジンの検索結果の上位を維持するのに役立ちますが、聴衆を長く惹きつけるには十分ではありません。だからこそ、よりクリエイティブなコンテンツや、他のコースでは見つけられないようなものを提供することが、あなたのビジネスに大きな効果をもたらすのだ。 

例えば、アクティブ・リコールを追加することは、よく行われる慣行である。生成されたナレーションや、文化的ニーズや嗜好に基づいた最も正確な翻訳によってコンテンツをローカライズすることは、今日のベストプラクティスのひとつである。

教育コンテンツの作り方|動画とローカライゼーション

幸いなことに、現代社会では、作成するリソースの種類に関して、数多くの選択肢から選ぶことができます。成功した教育コンテンツは、さまざまなフォーマットで提供されているからです。 

ビデオレッスン

動画を活用した教育コンテンツ戦略は、現在非常に人気があります。動画はコンテンツマーケティングに適しているだけでなく、EdTechやeラーニングのプロバイダーにとって、1つの場所でさまざまな世代の学生の注目を集めることを可能にします。 

YouTubeで教育コンテンツ・チャンネルを運営するにしても、新しいコンテンツ形式を追加する必要があるコースを持つにしても、動画をよりアクセスしやすくし、グローバルに展開することはいつでも可能であることを覚えておいてほしい。

これは、ビデオの翻訳とローカリゼーションによって行われます。ローカライゼーションとは、ビジネスのあらゆる要素を異なる地域に適応させ、動画を翻訳し、翻訳版が文化の違いやニュアンスを確実にカバーすることを意味する。 

ローカライゼーションには時間がかかるし、コストがかかるかもしれない。しかし、その解決策はあります。すでに述べたように、Rask AIのようなAIプラットフォームを使えば、プロセスをスピードアップし、コストを大幅に削減することができます。 

ここでは、ビデオスクリプトをアップロードするだけで、ソフトウェアがあなたのビデオを選択した任意の言語に翻訳します(このツールは、翻訳のための130の言語を提供しています)。さらに、29以上の言語でナレーションを生成することができ、新しい視聴者のために可能な限り本物の翻訳ビデオを作ることにつながります。

結論

AIコンテンツ・ソフトウェアは、教育コンテンツに欠かせない存在になりつつある。この技術は、視聴者にパーソナライゼーションの向上を提供し、採点プロセスを合理化し、教師が新しい学習教材を開発するのを助けることができる。 

AIを利用することで、教師は生徒の学習進捗を追跡し、生徒を分け、学習プロセスにおける知識のギャップを特定し、対処することができる。Rask AIのようなAIプラットフォームは、EdTech企業がビジネスを促進し、ローカライズを通じて新たな市場に参入するのにも役立つ。  

よくあるご質問

オンライン教育用のコンテンツはどのように作成するのですか?
教育コンテンツはどのようにしているのですか?
教育コンテンツの需要は?
なぜ教育コンテンツが重要なのか?
教育コンテンツはどのように書くのか?
教育コンテンツの例とは?
ニュースレターを購読する
洞察に満ちた最新情報のみで、スパムはゼロ。
ありがとうございました!あなたの投稿は受信されました!
おっと!フォームを送信する際に何か問題が発生しました。

それも面白い

社内吹き替えでコスト削減:ピクセルはRask AIを多言語コンテンツに活用し、いかに経費を削減したか
マリア・ジューコワ
マリア・ジューコワ
ブラスクのコピー部門責任者
7
min read

社内吹き替えでコスト削減:ピクセルはRask AIを多言語コンテンツに活用し、いかに経費を削減したか

2024年4月17日
#ケーススタディ
最高のAIユーチューブ・ショート・ジェネレーター
ライバ・シディキ
ライバ・シディキ
SEOコンテンツ・ストラテジスト兼ライター
14
min read

最高のAIユーチューブ・ショート・ジェネレーター

2024年4月16日
#ショートパンツ
#Digest: Rask AI の Q1 Journey & Cake
マリア・ジューコワ
マリア・ジューコワ
ブラスクのコピー部門責任者
10
min read

#Digest: Rask AI の Q1 Journey & Cake

2024年4月11日
#Digest
グローバルVRの成功:Rask AIの日本語ローカライズで訪問者22%増&リピーター40%増を達成
マリア・ジューコワ
マリア・ジューコワ
ブラスクのコピー部門責任者
12
min read

グローバルVRの成功:Rask AIの日本語ローカライズで訪問者22%増&リピーター40%増を達成

2024年4月8日
#ケーススタディ
2024年のビデオ翻訳用AIツール・トップ5
ブレッシング・オニェグブラ
ブレッシング・オニェグブラ
コンテンツ・ライター
8
min read

2024年のビデオ翻訳用AIツール・トップ5

2024年4月2日
#ビデオ翻訳
リップシンク動画の作り方:ベストプラクティスと始めるためのAIツール
マリアム・オドゥソラ
マリアム・オドゥソラ
コンテンツ・ライター
14
min read

リップシンク動画の作り方:ベストプラクティスと始めるためのAIツール

2024年3月28日
#リップシンク
ビデオ翻訳完全ガイド:動画を簡単に翻訳する方法
ルイス・ホートン
ルイス・ホートン
コピーライター
13
min read

ビデオ翻訳完全ガイド:動画を簡単に翻訳する方法

2024年3月25日
#ビデオ翻訳
教育にAIを活用し、教師の力を高め、生徒の可能性を引き出す
デブラ・デイビス
デブラ・デイビス
5
min read

教育にAIを活用し、教師の力を高め、生徒の可能性を引き出す

2024年3月20日
#AugmentingBrains
20日間で3000本の動画:Rask AIが家族の言葉の壁を取り払うキャンペーンを実施
イリーナ・ゼミャンチュク
イリーナ・ゼミャンチュク
ブラスクのコピーライター
13
min read

20日間で3000本の動画:Rask AIが家族の言葉の壁を取り払うキャンペーンを実施

2024年3月18日
#ケーススタディ
YouTubeの多言語オーディオトラックとRask AI
シボーン・オシェイ
シボーン・オシェイ
マーケティング・コピーライター
15
min read

YouTubeの多言語オーディオトラックとRask AI

2024年3月17日
#ビデオ翻訳
ローンチしたばかりです!Rask AI Platformは、あなたのコンテンツを大規模に翻訳し、再利用するための場所です。
アントン・セリホフ
アントン・セリホフ
Rask AI 最高製品責任者
8
min read

ローンチしたばかりです!Rask AI Platformは、あなたのコンテンツを大規模に翻訳し、再利用するための場所です。

2024年3月7日
#ビデオ翻訳
#ショートパンツ
#ニュース
Rask AIプラットフォームはどのように創業者を支援し、事業を成長させるか
タニシュ・チョウダリー
タニシュ・チョウダリー
コンテンツ・マーケター
12
min read

Rask AIプラットフォームはどのように創業者を支援し、事業を成長させるか

2024年3月4日
#ニュース
多言語ビデオコンテンツの未来:AIはいかにゲームを変えるか
ライバ・シディキ
ライバ・シディキ
SEOコンテンツ・ストラテジスト兼ライター
15
min read

多言語ビデオコンテンツの未来:AIはいかにゲームを変えるか

2024年3月1日
#ビデオ翻訳
オーディオとビデオのトランスクリプトを無料かつ迅速に入手する方法
デブラ・デイビス
デブラ・デイビス
10
min read

オーディオとビデオのトランスクリプトを無料かつ迅速に入手する方法

2024年2月29日
#トランスクリプション
音声を瞬時にテキストに:瞬時に書き起こすための高速ガイド
ドナルド・ヴァーミリオン
ドナルド・ヴァーミリオン
12
min read

音声を瞬時にテキストに:瞬時に書き起こすための高速ガイド

2024年2月26日
#トランスクリプション
心理学トレーニングセンターがラスクAIでコースライブラリ全体を刷新
イリーナ・ゼミャンチュク
イリーナ・ゼミャンチュク
ブラスクのコピーライター
6
min read

心理学トレーニングセンターがラスクAIでコースライブラリ全体を刷新

2024年2月22日
#ケーススタディ
簡単なガイドでYouTube動画の文字起こしを解除する
タニシュ・チョウダリー
タニシュ・チョウダリー
コンテンツ・マーケター
17
min read

簡単なガイドでYouTube動画の文字起こしを解除する

2024年2月13日
#トランスクリプション
ポッドキャストをトランスクリプトに変える簡単なトリック
タニシュ・チョウダリー
タニシュ・チョウダリー
コンテンツ・マーケター
19
min read

ポッドキャストをトランスクリプトに変える簡単なトリック

2024年2月6日
#ポッドキャスト
人工衛星、音声クローン、そして戦略......!
イリーナ・ゼミャンチュク
イリーナ・ゼミャンチュク
ブラスクのコピーライター
7
min read

人工衛星、音声クローン、そして戦略......!

2024年2月5日
#ケーススタディ
アカデミアにおけるAI学生の学習の未来のためのトップツール
ジェームズ・リッチ
ジェームズ・リッチ
13
min read

アカデミアにおけるAI学生の学習の未来のためのトップツール

2024年2月1日
#EdTech
同意する」をクリックすると、サイトナビゲーションの向上、サイト利用状況の分析、マーケティング活動の支援を目的として、お客様のデバイスにクッキーが保存されることに同意したものとみなされます。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。